MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

AWAY

2022明治安田生命J2リーグ 第31節

徳島ヴォルティス

08.14 Sun/ 19:00

vs 徳島ヴォルティス

鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム

PAST MATCH試合情報

2018明治安田生命J2リーグ 第25節 vs 愛媛FC

07.25 19:00

昭和電工ドーム大分

大分トリニータ
HOME
  • 前半
  • 後半
愛媛FC
AWAY

STARTING MEMBER

  • ゴール 0点
    出場試合 0試合(通算0試合)
    出場時間 0分
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -
  • ゴール
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -

SUBSTITUTE

  • ゴール
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -
  • ゴール 0点
    出場試合 試合(通算0試合)
    出場時間 0分
    過去10試合の
    平均得点数
    0 点
    生年月日 -
    身長/体重 -/-
    出生地 -

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数
天気
気温
湿度
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

あわてるな。まだ45分ある
シンプルにサイドから攻撃
相手のカウンターへのリスク管理

Head coach comment

片野坂知宏監督

 
非常に悔しい結果になった。まずこの結果は監督であるわたしの責任。本当に申し訳なく思う。これで5試合勝てていない。応援してくださる方々になかなか勝点3をプレゼントできず非常に残念。選手はわたしがゲームに向けてしてほしい戦術を最後までやりきってくれている。選手のその姿勢は評価してほしいと思う。ただ、得点という具体的な結果が出ないこと。これはわたしも含めて選手もしっかりと受け入れ、ピッチに出ている選手が日頃のトレーニングからの積み上げにチャレンジするしか解決方法はない。切れずにまた短い準備期間になるが、全員で切り替えて準備していく。
 
——アウェイ甲府戦後、3勝1分6敗。この低迷の最大の要因は。
 
いろいろあるとは思うが、まずは得点が取れていないこと。チャンスを作る回数は相手より上回っているが、最後のところでの落ち着きが足りない。点が取れていないことによる焦りがあるのかなと思う。状態を見極めなくてはならない。守備のほうでも失点が続く中、試合の入りは修正して集中できるようになってきたのだが、ワンチャンスを入れられてしまう。サッカーではリスクを負って攻撃すればそれだけピンチを迎えることもあると思うが、そのへんの粘り強さ我慢強さ、少し賢くやらなくてはならない部分もある。
 
悪いゲームをして勝点を取れていないというわけではないので、本当に悔しくて、勝ちきれないことを選手にも申し訳なく思う。トレーニングを積み上げて、ゲームの狙いは決して悪くないので、またそれを突き詰めて選手とやっていくしかない。ただ、まだ何も得ていないし失ってもいない。大事なのは42節終わったときに目標を達成できることなので、まだ試合が続く中で、残りのゲームでこういう思いをしないように。やはり大事なのは日頃のトレーニング。しっかりとそういうところに目を向けさせて、一丸となって戦えるようにしたい。

Player’s comment

DF 29 岩田智輝

 
今日は3バックの右での出場だったが、違和感なくプレーできた。練習からいいイメージを持てていた。練習ではこれまでウイングバックをやることが多かったのだが、3バックやボランチにも対応できるようにしておかないといけないと準備していた。小池選手が高い位置を取って前からも来たが、そこを抑えておけば大丈夫だった。クロスバーを叩いたシュートは決めたかった。
 
負けはしたが、今日の試合も決して悪くはなかった。あとはゴール前での決定力。どれだけ落ち着いてシュートを打てるかだったり、クロスの質だったり。そこはもっと上げていかなくては厳しいと思う。

MF 32 前田凌佑

 
相手が引いて守ってきた中で、ボールを動かすのも大事だが、どこかで仕掛けないと相手も出てこないので、そういうのをもっと出せればよかった。途中からワンボランチになって自分なりにはやれたと思うが、ミスが多く、いい場面でも自分のミスで流れを悪くしたのがもったいなかったと反省している。周囲が走ってくれた。仲間に助けられた。
 
最近は中を閉めてくるチームが多いので、そういうときにサイドから行くのかどうかといったピッチ内での判断が大事になってくる。
 
試合に絡めなかった期間は気持ち的にも乗れないことがあり、いろんな人からアドバイスをもらった。いまはチームのためにしっかりやろうと決めている。練習から100%でやらないと試合には出られない。やれば誰にでもチャンスはある。また連戦なのでみんなで頑張りたい。