MATCH
INFORMATION
試合情報

NEXT MATCH

HOME

2022明治安田生命J2リーグ 第24節

ジェフユナイテッド千葉

07.02 Sat/ 19:00

vs ジェフユナイテッド千葉

昭和電工ドーム大分

PAST MATCH試合情報

 vs 

. 9:00

HOME
0
AWAY
0

STARTING MEMBER

SUBSTITUTE

スタッツ

得点
0 シュート 0
0 FK 0
0 CK 0
0 PK 0
警告
退場

試合環境

入場者数 -
天気 -
気温 -
湿度 -
主審
副審

選手交代

Half time comment

ハーフタイム監督コメント

■大分トリニータ  片野坂知宏監督

・相手の入り方に注意しながら集中して入ること
・守備は切り替えとリスク管理
・ホームゲーム残り45分戦うこと

■  ネルシーニョ監督

・状況をしっかり判断しながら守備に出ていくこと
・落ち着いてボールを前に運んでいこう

Head coach comment

片野坂知宏監督

ホームに攻撃力のある柏さんを迎えた中で、柏戦に向けて準備してきたことを90分通して選手がしっかりと攻撃面、守備面ともにピッチで表現してくれた。連戦でしんどい状況だったと思うが、集中を切らさず体に鞭打って最後までファイトしてくれた。勝点1に終わって非常に残念で悔しいが、内容に関しては本当にいいゲームをしてくれたし、選手を誇りに思う。足りなかったのは得点のところ。決定機があった中で、それを決め切る力があれば、おそらく勝点3を奪うことが出来たのではないか。
 
全体的に、今日は勝たなくてはならない、勝ちに値するゲームを選手たちはしてくれた。勝点3取れなかったのが本当に悔しいが、もう一回、回復させて、また連戦がはじまる。とにかくチーム状態を万全にして、またこういった自分たちの狙いが表現できるよう、集中したいいゲームが出来るように準備していきたい。

Player’s comment

DF 5 鈴木義宜

——柏の強力な攻撃陣に対してどう対応しようと考えていたか。
 
相手のいちばんの特長はカウンターだと思っていたので、そこでのリスク管理とルーズボールの処理はシンプルにやろうと臨んだ。自分たちがボールを握る時間に、後ろの選手は集中してプレーしていた。
 
——オルンガ選手とのマッチアップについて。
 
特別そこまで意識はしていなかった。これまでも強い選手と対峙してきたので、当たり前のこと、やってきたことをやっただけ。
 
——0−0の引き分けという結果をどうとらえるか。
 
どちらかというと勝点2を失ったというか、勝てた試合、勝ち切らないといけないゲームだったと思う。最後の精度はこれからも必要になってくる。

MF 4 島川俊郎

——オルンガ選手も脅威だが2列目も機動力の高い攻撃陣が並ぶ相手に対し、守備において留意したことは。
 
柏の前線の能力はすごく高いので隙を与えないようにということは意識していたが、自陣で守るときというよりは、攻めているときのリスク管理にすごく気を使っていた。
 
——こちらの攻撃時にもラインを押し上げようという動きが見えた気がしたが、オルンガ選手をゴールに近づけないようにという意図か。
 
それもあるし、オルンガ選手はあまり守備が得意ではないと思うのだが、最初は後ろ3枚で回していたところを途中から4枚で回すように変えてからビルドアップも落ち着いて入っていけたと思う。